日曜日定休日
営業時間 10:00~17:00
  • 電話でお問い合わせ
  • フォームからのお問い合わせ
  • 無料査定フォーム

  • HOME
  • 買取一覧
    • 古銭買取
    • 切手買取
    • 記念金貨買取
  • 買取強化情報
  • 販売強化情報
  • 選べる買取システム
  • 選ばれる3つの理由
  • 簡単!無料査定フォーム
ホーム買取強化情報 > 古銭「新5円金貨(新五圓金貨)」

古銭「新5円金貨(新五圓金貨)」

古銭「新5円金貨(新五圓金貨)」の画像

古銭「新5円金貨(新五圓金貨)」の詳細情報

額面 5円 発行国 日本
寸法 16.96mm 品位 金 900 / 銅 100
重量 4.17g 材質 金 / 銅

 新5円金貨(新5圓金貨)とは?

新5円金貨(新5圓金貨)は、新10円金貨(新10圓金貨)・新20円(新20圓金貨)金貨と同じ年に発行が始まった日本の金貨幣です。貨幣法の制定に伴い、明治30(1897)年に製造が開始されました。

新5円金貨が発行された時期

新5円金貨は、明治30(1897)年9月から昭和5(1930)年2月にかけて製造された金貨です。
当時、日本の金貨の多くは国際取引で海外へ流出しており、日本国内ではあまり流通していませんでした。
しかし大正6(1917)年、第一次世界大戦の影響により、金の輸出は実質停止となります。
その後、昭和5年に金の輸出が解禁されるようになりましたが、翌年の昭和6(1931)年に金輸出が再禁止に。
そして「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律」によって、昭和63(1988)年3月31日に新5円金貨・新10円金貨・新20円金貨のすべてが正式に廃止とされました。

新5円金貨が発行された時代背景

明治初期、欧米諸国の流れに合わせて、日本は金本位制を採用することになります。
しかし実質的には、金の流通はほとんどなく、銀が使用されている状態でした。
しかしその後、銀相場は国際的に下落。
日本は、日清戦争によって清国から受け取った莫大な賠償金を元に、本格的な金本位制への移行を図ります。
そして明治30年、「貨幣法」という新たな法律を制定。このときに金平価(金量によって決定する貨幣の交換比率)が半減され、旧金貨が2倍の力を持つことになってしまったため、新たに新5円金貨・新10円金貨・新20円金貨が発行された経緯があります。

新5円金貨の図柄とサイズと重さ

新5円金貨の基本的なデザインは、新10円金貨・新20円金貨と同じです。中心に「五圓」の文字が打たれ、その周囲に菊や桐が配置されています。
裏面は、中心に日章と八陵鏡(はちりょうきょう:菱花形の鏡)をデザインし、周囲に製造年や「五圓」の文字などが打たれています。
重さは4.17gで、直径は16.96mm。旧金貨よりも小さく、金量も少なくなっています。

新5円金貨の発行枚数と発行年

新5円金貨の発行枚数は、1,367,720枚。明治時代の新5円金貨は発行枚数が少なく、高値で取引される傾向があります。
明治の新5円金貨は、30年、31年、36年、44年、45年製のいずれかに該当します。

新5円金貨の高価買取には?

新5円金貨の価値は、状態や製造年によって異なります。
お手持ちの新5円金貨の買取価格をお調べになりたいお客様は、ぜひ当店にお越しください。買取のプロが、しっかりと査定させていただきます。
また、無料査定フォームからお品物の写真をお送りいただくことで、簡単な無料査定も行うことができます。
より正確な買取価格をお知りになりたい方にはご来店をおすすめいたしますが、「その前にまずは簡単に査定をしてほしい!」というお客様は、ぜひご利用ください。

宝スタンプコインの簡単査定フォーム
http://www.takarastampcoin.com/fmail02/fmail.cgi

当店は、大阪駅前第二ビル2階と好アクセスです。 様々な金貨・古銭や切手などの買取を行っておりますので、ぜひお気軽にご来店ください。

強化買取情報一覧に戻る

  • 店頭買取サービス
  • 郵送買取サービス
  • 出張買取サービス

簡単査定フォーム

page top

  • 古銭買取
  • 切手買取
  • 記念金貨買取
  • 店舗情報・アクセス

古銭・切手・記念金貨販売買取専門店 宝スタンプコイン

〒530-0001 大阪府大阪市北区1丁目2-2-200 大阪駅前第2ビル2階 中央階段前

道順はこちら

最新買取強化情報

買取一覧
店舗情報
営業時間
10:00~17:00
電話番号
0120-675-029
住所
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1-2-2-200
大阪駅前第2ビル2階 中央階段前